MENU

退職・休職時に行うこと

対象者は>☆各種フォーマット>退職・休職引き継ぎ確認シート」にある項目を
期日までに行い、最終日、経企宛にシートを送付してください。
引き継ぎ内容と詳細は以下から確認してください。

□実務関係
①案件の引き継ぎ
→進行中、申請中、永遠待ち、全ての案件一覧を出し、全件チェックを決裁者と行う。
引き継ぐスタッフを決め、DBへの引き継ぎ内容入力、および口頭での引き継ぎも行う。
ステータス変更が漏れているものがないか、
未入金一覧に載っているものがないかも併せて確認すること。
最終的に、進行中、申請中、永遠待ちの案件一覧がゼロになることを確認する。
※決裁者は全ての引き継ぎが終わり、案件一覧がゼロになっていることを確認して、
経企(片山さん)へ報告する。(1週間前までに)

②顧客への挨拶連絡
→今後、連絡や依頼が来る可能性のある顧客については、
引き継ぎ対象となる案件がなくて、挨拶を行い、後任担当を伝えておく。

③使用しているパソコンの整理
→デスクトップ、マイドキュメント、スキャンフォルダ、ダウンロードフォルダ等、
パソコン内に入っている情報はすべてイクスマークへ最新データを移行させる。
最終日の前日に、チームビューワーで経企にてPCチェックを行い、
移行が完了していることを確認してから、オフラインの情報を削除する。
※経企チェックが終わるまで、データの削除を行わないでください

□その他
・会社携帯返却(最終日)
・ノートパソコンやWifi等の返却(最終日)
・補助者証返却(最終日) →大阪へ
・SGの会社名刺 →自身で溶解ボックスへ
・メール転送設定 →鈴木さんや決裁者と相談して決定し、経企宛に連絡
・経費立替金精算 →案件終了分は最終日までにまとめて領収書と共に大阪へ
・顧客からもらった名刺 →引き継ぎ担当へ

□退職時のみ
・健康保険証返却(最終日) →大阪へ
・退職後の連絡先(住所、電話番号、メールアドレス)の確認
・雇用保険喪失手続き →必要であれば経企へ連絡

□休職時のみ
・家族の連絡先(名前・電話番号)

※上記以外にも会社から貸与しているものがあれば全て返却してください

▶日報(業務報告)▶社内文書▶就業時間・遅刻早退・欠勤連絡
▶休日出勤▶Gカレ入力について▶訪問・出張について
▶社内メールの使い分け▶フォルダ作成規則▶業務上扱うデータの管理方法
▶中抜けルール▶悪天候や事故発生時の出勤について▶受任前案件の区分について
▶社内業務優先の原則▶在職証明書の発行ルール▶退職・休職時に行うこと
PAGETOP
Copyright © SG業務マニュアル All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.