MENU

受任前案件の区分について

受任前案件の区分について、ABCの三区分に分けました。

DBに登録したりはしませんが、
常にどの区分の案件かを意識しながら、受任促進していきましょう!

 

A.積極的に取りたい案件 

 →利益率が高い

 →リスクが少ない
 →常勤社員の手間が少ない
 →注力したい業務

B:受任が少ない場合に、取ることを検討する案件 

 →AとCの間くらいの業務

C:取りたくない案件  

 →利益率が低い

 →リスクが高い 例:免責が不十分等
 →常勤社員の手間が多い
 →今後、展開を考えていない業務 例:契約書
 →トラブルが想定される法人・個人が関係している
 →契約書や申込書が定例でない
 →不正の可能性がある

 

Aを優先して受任していきましょう。
他社との競合はありますが、チームメリットが大きいです。
BやCは、先方の依頼ニーズは強いことが多いですが、
会社としては、優先対応しません。
競合がない場合、先方が急かしてくる場合が多いです。
▶日報(業務報告)▶社内文書▶就業時間・遅刻早退・欠勤連絡
▶休日出勤▶Gカレ入力について▶訪問・出張について
▶社内メールの使い分け▶フォルダ作成規則▶業務上扱うデータの管理方法
▶中抜けルール▶悪天候や事故発生時の出勤について▶受任前案件の区分について
▶社内業務優先の原則▶在職証明書の発行ルール▶退職・休職時に行うこと
PAGETOP
Copyright © SG業務マニュアル All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.