MENU

勤怠/悪天候や事故発生時の出勤について

悪天候や事故発生時の出社・退社の基本ルールについて定めます。
(例:台風、電車の人身事故による遅延、地震発生時 等)

①朝の出社前に、天候や交通状況を確認する。

②身の危険がある場合や、交通機関が止まっている場合は、
無理に出社せず、在宅勤務または休暇にする。
※勤務報告を sg_allでメール
在宅勤務は代表決裁

★注意★
就業時間を10分を超過して遅刻した場合は、いかなる事情でも、会社としては遅刻扱い。
sg_allでの勤怠連絡を送付。出社できた場合は出勤簿に出社時間と遅刻時間を入力。
・10分以内の場合は、通常同様の出社扱いとしますが、極力遅れないような対策をとること。
(SGは、電車が遅れても、就業時間内に到着して業務ができている人が評価される会社です。)

③アポのリスケや引継については、適切に行う。

④出勤後に、帰宅時の天候悪化が想定される場合は、主任の決裁によって、
早退することができる。遠方の人など、優先すべき人は、早めに対応する。
jokinで日報メールに追記して報告する。

▶日報(業務報告)▶社内文書▶就業時間・遅刻早退・欠勤連絡
▶休日出勤▶Gカレ入力について▶訪問・出張について
▶社内メールの使い分け▶フォルダ作成規則▶業務上扱うデータの管理方法
▶中抜けルール▶悪天候や事故発生時の出勤について▶受任前案件の区分について
▶社内業務優先の原則▶在職証明書の発行ルール▶退職・休職時に行うこと

★休日勤務ルール

【休日勤務を行う場合】
①休日勤務を行う必要が生じた場合は、担当者は各オフィスの主任へ
必ずメールにて事前に許可を得ること。
※振替予定日時も合わせて許可を得ること。
※休日出勤は面談時間プラス30分までは前後の事務時間として
申告することは可とする。

②主任は了解メールを、本人へ返信する。
※CCの経企・各オフィスの時間管理担当を入れること。

③担当者はGカレに予定を入れる。
※その際に振替予定日時も記載すること。

④担当者は休日勤務終了後、日報を送付すること。

⑤時間管理担当は、本人の出勤簿を確認して申告通りになっているか、
なっていない場合に確認・是正・指導を行うこと。

休日勤務は特に、オフィス管理者が不在の中で行うので、
連絡を正しく行うようにしてください。

PAGETOP
Copyright © SG業務マニュアル All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.