MENU

中抜けルール

業務時間中に私用を行う中抜けルールについて、以下のように定めます。

病院や歯医者に行く
友達や家族と会う
行政手続きに行く  等に活用できます。

目的:活用することでリフレッシュしたり、プラスの気持ちになったうえで仕事に専念するため。

<使用ルール>※直行・直帰の形も可とします。
1)使用について
以下の3点を実施してください。
①出勤簿への記載(減額はありません)
②Gカレ入力   ⇒「中抜け①」と記載。※①は、年間の何回目→年間の何時間目
③jokinへリリース ⇒リリースでは、中抜け日時と振替日時を記載。
メールタイトルは「中抜け ○○(社員名)」とする。

★原則、前日までに周知したうえで使用すること
但し、以下の様な理由がある場合は当日でも使用可
・急に役所で書類取得が必要になったので今日の朝に使いたい。
・ 当日の体調不良で病院に行くのに抜けたい。
ex) 歯のかぶせが取れた、腰が痛くて接骨院に行く 等

2)振替について
振替日時は、3営業日以内の18時以降とします。
早朝やお昼休憩時間を充てることはできません。

<注意事項>

★入社2年目以降、使用可。
★具体的な理由を書くようにしましょう。「私用」は不可です。
★年間10時間までで、続けて2時間まで使用可能。
★3月末〆で、4/1に0に戻る。
★時間は、1時間単位になっているので、1時間単位以外の取得はできません。30分だけ使うとしても、0.5ではなく、1となる。
★2時間使用する場合は、「中抜け③④」のように記載する。
★月に1~2回使用を限度とし、集中して使用しない。
★決裁は不要。
★不明な点は、個人解釈で運用せずに、代表に確認するようにしてください。

今後もさらに働きやすい環境を作っていきたいので、
趣旨を理解したうえで上手に活用してください。

▶日報(業務報告)▶社内文書▶就業時間・遅刻早退・欠勤連絡
▶休日出勤▶Gカレ入力について▶訪問・出張について
▶社内メールの使い分け▶フォルダ作成規則▶業務上扱うデータの管理方法
▶中抜けルール▶悪天候や事故発生時の出勤について▶受任前案件の区分について
▶社内業務優先の原則▶在職証明書の発行ルール▶退職・休職時に行うこと
PAGETOP
Copyright © SG業務マニュアル All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.